/

この記事は会員限定です

5Gインフラ商機広がる 古河電工は光ファイバー増産

[有料会員限定]

超高速無線通信「第5世代(5G)」が世界で導入される2020年が迫り、関連企業に商機が広がっている。通信データを伝送する光ファイバー大手の古河電気工業は18年度までに生産能力を2割増やす。富士通NECなども通信設備やソフトウエアの開発に力を注ぐ。通信インフラ技術は欧米勢に加え中国勢が台頭している。5G向けの体制づくりを急ぎ成長市場での競争に備える。

光ファイバー世界3位の古河電工は光ファイバー製造拠点を増強...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り762文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン