/

この記事は会員限定です

ネット×リアル 生鮮が主戦場、アマゾン「店舗を倉庫に」

[有料会員限定]

世界の小売市場でネットとリアル(現実)の融合が新たな局面を迎えている。米アマゾン・ドット・コムが高級スーパーを買収してリアルの世界に足を踏み入れ、新興国ではスマートフォン(スマホ)の決済を前提にした消費の形が急速に広がる。企業から消費者まで全体を巻き込んだ変革が進む。

「物流でお役に立てると思います」。今年3月、セブン&アイ・ホールディングスの井阪隆一社長はアスクルの岩田彰一郎社長からこう持ちかけられた。井阪社長は倉庫で大規模火災が発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1268文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン