2019年6月27日(木)

コメ先物試験上場、再延長を認可 農水省

2017/8/8 0:14
保存
共有
印刷
その他

農林水産省は7日、コメ先物の試験上場について2年間の延長を認可した。8月7日までで2回目の延長期間が終了となるため、大阪堂島商品取引所が4日に延長を申請していた。これから異例の3回目の延長期間となる。

堂島商取は約1カ月前の7月11日、コメ先物を本上場にするよう農水省に申請した。同月21日に自民党が開いた農業プロジェクトチームの会合で、守旧派の農林族議員から異論が相次いだ。2017年産までで減反政策が終わるとあって、本上場の可否は「18年産の米価をみてからにすべきだ」との意見が出た。

コメ政策は農政でもとりわけ政治圧力が強い。「先物は投機的な資金も入る」との理由から遠ざけようとする動きがある。コメ流通で重要なJAグループがコメ先物に参加するのも厚みのある市場形成には不可欠だ。堂島商取は今後2年間で実績を積み上げられるかが本上場へのカギとなる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報