東芝株、米ファンドが5.81%取得

2017/8/7 22:43
保存
共有
印刷
その他

米投資ファンドのキング・ストリート・キャピタル・マネージメントが経営再建中の東芝の株式を6%近く取得したことが7日分かった。同日付で関東財務局に提出した大量保有報告書によると、7月31日までに東芝の発行済み株式の5.81%を取得。保有目的は「純投資」としている。

同社株を巡っては今春以降、旧村上ファンド出身者が設立したシンガポールのファンドや米著名投資家デービッド・アインホーン氏が率いるファンドなどが「割安感がある」として相次いで大量保有に動いている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]