/

この記事は会員限定です

ふるさと納税 道内12市町村が「流出超」

[有料会員限定]

全国で広く浸透してきた「ふるさと納税」制度。47都道府県のなかでも農産品を中心に高いブランド力を持つ北海道では恩恵を受ける自治体も多い。一方、総務省が7月に発表した資料によると、道内179市町村のうち札幌市をはじめとする12市町村が、納税による寄付金受け入れ額より控除額が大きい「流出超」となった。財源流出への危機感は大きく、新たな対策をうつ自治体も出始めた。

ふるさと納税は自治体への寄付額から2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り898文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン