最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 21,360.02 +23.90
日経平均先物(円)
大取,17/12月
21,370 +20

[PR]

業績ニュース

NTTの4~6月、純利益11%増 データセンター好調

2017/8/4 22:42
共有
保存
印刷
その他

 NTTが4日発表した2017年4~6月期の連結決算(米国会計基準)は、純利益が2714億円と前年同期比で11%増えた。4~6月期としては3期連続で過去最高だった。データセンターや不動産事業が好調だったほか、東西の地域会社では光インターネット回線の販売促進費を抑制した。通信設備の償却費用の前倒し計上も少なかった。

 売上高に相当する営業収益は3%増の2兆8097億円。電子商取引やビッグデータ活用が世界的に広がるなか、子会社のNTTコミュニケーションズでデータセンター事業が伸びた。

 NTTデータが昨年買収した米デルのIT(情報技術)サービス事業も寄与し、同様の事業を手掛ける南アフリカ子会社、ディメンション・データも好調だった。NTTの海外売上高比率は18%と2ポイント上昇した。NTT都市開発では住宅販売などが伸びた。

 営業利益は1%増の4915億円となった。NTT東日本とNTT西日本はそれぞれ18%、28%の営業増益。「フレッツ光」を直販から外部企業への卸売りへと転換し、費用圧縮が進んだ。ディメンションも構造改革で採算が改善した。一方、NTTドコモは格安スマホ対策の費用が重荷となり、営業減益だった。

 NTTは前期から旧型の通信設備を中心に償却を前倒しで進めているが、4~6月はこうした費用の計上がほぼなかったのも影響した。第2四半期以降に費用負担が発生する可能性が高い。

 18年3月期通期の営業収益は前期比3%増の11兆7500億円、純利益は4%増の8300億円とする従来予想を据え置いた。NTTは前期に約3700億円規模の自社株買いを実施した。今期も株主還元策への期待は高いが、現状では未定としている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

新着記事一覧

読まれたコラム