沖縄乗り放題パス 路線バス・モノレール 渋滞緩和へ利用促す

2017/8/3 22:20
保存
共有
印刷
その他

沖縄県の路線バス4社と沖縄都市モノレール、JTB沖縄でつくる沖縄路線観光活用戦略会議は5日、沖縄本島内の路線バスやモノレール「ゆいレール」が乗り放題となる周遊パスを発売する。国内外からの観光客向けで、公共交通機関の利用を促して交通渋滞の緩和を図るほか、減少傾向にある路線バス利用者の拡大につなげる。

参加するバス会社は琉球バス交通、那覇バス、沖縄バス、東陽バス。4社が運行するほぼ全路線で自由に乗り降りできる。商品名は「沖縄路線バス周遊パス」で、1日パスは大人2500円、3日間パスは同5000円。それぞれ500円プラスでゆいレールの1日乗車券(通常800円)が付いたタイプもある。

まず那覇空港の観光案内所などで販売。8月中旬ごろから路線バス各社の営業所やホテルなどの販売代理店でも扱う。発売から1年間で2万枚の販売を目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]