速報 > 地域ニュース > 東海 > 記事

AI・光技術で農業革新 沼津に研究拠点

2017/8/4 7:01
共有
保存
印刷
その他

 静岡県は3日、沼津市内に農業を中心にした先端技術の戦略研究拠点「AOI―PARC(アオイパーク)」を全面開所した。同施設に入居する慶応義塾大学のAI技術や理化学研究所の光計測技術を活用し、県内企業を含む12社・事業者との協業を推進。効率的な生産技術の確立や新品種の開発につなげる。県内では多様な農作物を栽培するが、総産出額は伸び悩んでおり、農業革新の起爆剤として位置付ける。

 東海大学の旧校舎を活用し、県が約10億円を投じて整備した。産業・学術分野で互いの知見を持ち寄り、新たな価値を生み出す「アグリ・オープンイノベーション(AOI)」を旗印に、食関連産業や健康分野への展開も視野に入れる。

 品種や産地ごとに最適な手法を探るため、無数のパターンの環境を再現できる次世代栽培実験装置を導入。農作物中の機能性成分を高精度で測定する装置も設置し、付加価値向上を大きなテーマとする。アイエイアイや鈴与商事、富士フイルムなど自社で研究開発に取り組む7社のほか、コンサルなどの支援ビジネス関連企業も入居する。

 同日の開所式典には関係者ら百数十人が参加した。川勝平太知事は静岡は食材が豊富で健康寿命が長く、農と食と健康の研究の最適地と強調。「世界トップクラスの技術で農業をイノベートする。攻めの農業をやっていく」とあいさつした。

 農林水産省のまとめによると2015年の静岡県の農業産出額は2204億円。都道府県別では全国15位で、茶やワサビ、ミカン、イチゴなどで高いシェアを持つ。畜産や果実が堅調に推移する一方で、茶の減少幅が拡大。全体の3割を占める野菜が伸び悩んでいる。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 21日 2:00
21日 2:00
東北 21日 2:00
21日 2:00
関東 21日 12:22
21日 2:00
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 21日 2:00
20日 22:00
東海 21日 22:15
21日 20:30
北陸 20日 21:30
20日 21:30
関西 21日 18:17
21日 16:16
中国 21日 2:00
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
21日 19:43
21日 12:30

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報