/

愛媛のスーパー・フジの店舗でおむつ券 県の子育て支援に協力

愛媛が地盤のスーパー、フジは1日、愛媛県が第2子以降を出産した世帯に対して配布する紙おむつを購入できる商品券の利用受け付けを、県内42店舗で始めた。花王大王製紙ユニ・チャームの3社の紙おむつを買う際に、商品券を使えるようにした。商品券の利用可能店舗になるのを通じて、県の子育て支援事業に協力する。

商品券を利用できるのは、愛媛県内で紙おむつを取り扱う四国中央市以外の全42店舗。鬼北町や愛南町など配布対象の子育て世帯を広げている自治体では、市町独自の紙おむつ商品券も使える。利用者は住んでいる市町以外の店舗では使えない。四国中央市の3店舗では、紙おむつを市独自の引換券と交換できる。

紙おむつ商品券と連動し、2018年3月末までフジの会員カード「エフカ」のポイントを拡充する。第1弾として8月は花王のメリーズ、大王製紙のグーン、ユニ・チャームのムーニーを購入した顧客を対象に、50ポイントを付与する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン