「研究成果再現できず」、生命科学信頼揺らぐ

2017/7/30 22:22
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 科学技術の最前線で、研究成果を第三者が実験で再現できない問題が深刻だ。とりわけ生命科学分野で目立つ。研究不正を働いていなくても、実験条件を完全に一致させるのは難しく、確認が不十分なまま論文になることが多いからだ。このまま再現性のない論文が量産され続けると、科学への信頼を大きく揺るがしかねない。

■「留学生しか合成できなかった」

 中部地方の薬学系大学の元教授は10年ほど前、留学生と協力して進めていた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 21日 2:00
21日 2:00
東北 20:18
21日 2:00
関東 20:43
21日 12:22
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 21日 2:00
20日 22:00
東海 21:00
20:00
北陸 20日 21:30
20日 21:30
関西 20:27
19:12
中国 21日 2:00
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
14:32
21日 19:43

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報