/

この記事は会員限定です

ビットコイン 合議制に弱点 主導権争い、なお火種

[有料会員限定]

代表的な仮想通貨であるビットコインの分裂騒動が長引いている。23日に対立する2陣営の折衷的な案が利害関係者たちの支持を集めたことで、現時点では混乱が収束するとの楽観論が優勢。だが、8月1日付の強制分裂を主張する勢力が巻き返しを図っているとの観測はなお消えていない。利用者不在の主導権争いが続けば、通貨としての信頼を損ないかねない。

「混乱解消の第一関門を突破した」。23日、国内最大手の仮想通貨取引所...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1753文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン