ユニリーバ、P&G・味の素と競合激化

2017/7/29 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アジア市場を開拓するユニリーバの現地子会社は高収益を維持し、本社に潤沢に還元している。

本社が株式の85%を持つユニリーバ・インドネシアは、16年12月期の自己資本利益率(ROE)が134%。純利益が株主資本を上回る高収益企業だ。配当性向は99.9%で、純利益のほぼ全てを株主に還元する。

本社が51%出資するインド子会社のヒンドゥスタン・ユニリーバも配当性向は80%を超える。

子会社が稼いだ利益…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]