2019年5月26日(日)

JXTGエネ、発電用C重油6~7%値下げ 7~9月

2017/7/27 22:45
保存
共有
印刷
その他

JXTGエネルギーは火力発電などに使うC重油の7~9月の大口取引価格を前期(4~6月)に比べ6~7%引き下げると表明した。値下げは2四半期連続。前期に比べ原油の調達コストが低下したのを反映した。

火力発電用の低硫黄C重油(硫黄分0.3%)価格は1キロリットル4万6690円。4~6月価格が決着していないため前期の提示価格に比べて3510円の下げとなる。工場などのボイラー燃料に使う高硫黄C重油(硫黄分3.0%)は同4万150円と前期比2650円の下げ。JXTGエネは今後、今回表明した価格をもとに大口需要家と交渉を進める。

7~9月のC重油価格は、予想を含めた6~8月の原油や為替相場をもとに決める。為替が円安基調にある一方、原油価格は1バレルあたり4~6ドル程度下落すると想定。円建てでみた調達コストが下がると判断し、値下げを決めた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報