IoT機器使い車を遠隔診断 GMOクラウド

2017/7/26 0:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

GMOクラウドは、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」機器を利用し、自動車の車両状態をアプリで把握したり、自動車工場と提携して遠隔診断したりするサービスを9月から始める。車両の状態をリアルタイムで把握できるようにするほか、専用アプリを通じて整備工場に車両の診断が依頼できるようにする。

車両の状態を感知し、クラウドで収集・管理できる車載コネクター(税別6千円)を発売する。対象は2008年以降に…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]