/

この記事は会員限定です

好調グーグルに独禁法の影 EU制裁金で11四半期ぶり減益

[有料会員限定]

好調だった米グーグルの業績に独占禁止法の重圧がのしかかり始めた。持ち株会社のアルファベットが24日発表した2017年4~6月期決算は、欧州連合(EU)が先月科した制裁金を特別費用として計上した結果、11四半期ぶりの減益となった。欧州では別件でも調査が進んでおり、米国などの独禁当局が動く可能性もある。グーグルにとっては頭の痛い展開が続きそうだ。

「我々にどんなオプションがあり、何が正しい次のステップ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1080文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン