「脱時間給」で綱引き 生産性向上に期待、長時間労働には懸念

2017/7/25 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 脱時間給制度(ホワイトカラー・エグゼンプション)の実現機運が高まってきた。連合が内部の調整に手間取っているが、政府は月内の政労使合意を模索している。働いた時間でなく成果で働き手を評価する仕組みなだけに、生産性向上や年功序列による不公平感の解消といった効果が期待される。長時間労働によって健康を損なう人が増えるという反対論とどう折り合いを付けるかが焦点になる。

■制度の対象は数%

 脱時間給の対象になる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

脱時間給八代尚宏コンサルタントネスレ日本

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 21日 2:00
21日 2:00
東北 21日 2:00
21日 2:00
関東 21日 12:22
21日 2:00
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 21日 2:00
20日 22:00
東海 18:17
21日 22:15
北陸 20日 21:30
20日 21:30
関西 21日 18:17
21日 16:16
中国 21日 2:00
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
14:32
21日 19:43

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報