/

この記事は会員限定です

東京銀行間金利、算出新方式に 市場実勢反映へ一歩

[有料会員限定]

融資や金融取引の基準になる東京銀行間取引金利(TIBOR)が24日、新方式での算出に移行した。国際機関から不透明さを指摘された経緯があり、市場実勢を反映しやすくなるように改めた。ただ、改革初日の同金利は前営業日比横ばいで推移。長引く金融緩和の副作用で短期金融市場の取引が細っていることが根底にあり、欧州では銀行間金利の改革日程そのものが遅れている。

新たな算出方法ではコール市場と呼ぶ短期金融市場のほ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り774文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン