/

この記事は会員限定です

日の丸中小、中国EV市場で花開く 技術力生かし開拓

[有料会員限定]

中国での電気自動車(EV)の普及をにらみ、日本の中小メーカーが中国での事業拡大を急いでいる。排出規制や燃費基準が厳しくなる中国では、現地メーカーを中心にEVの投入が相次いでいる。EVは航続距離など技術的な課題が多く、それらを解決したいニーズは根強い。高い技術力を生かした"日の丸"中小企業が市場開拓に挑む。

レース車両向け部品を手掛ける繁原製作所(大阪府東大阪市、繁原秀孝社長)には、今年に入って中国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り808文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン