/

この記事は会員限定です

連合、執行部批判が噴出 「脱時間給」来週再び協議

[有料会員限定]

民進党の支持団体で、約680万人の組合員を抱える連合が揺れている。執行部が「脱時間給」制度を盛り込んだ労働基準法改正案をめぐって安倍政権と協調姿勢をとったことに、傘下の労働組合が強く反発しているためだ。同法案を「残業代ゼロ法案」と批判してきた民進党との深い溝も浮き彫りになった。政策実現を目指すか、組織や支持政党との連携を優先するか。重い課題を突きつけられている。

「危機的な状況になっていることを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1476文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン