/

この記事は会員限定です

金融、円滑に英離脱 ユーロ圏「EU免許」で移行措置検討

[有料会員限定]

英国の欧州連合(EU)離脱を2019年3月に控え、金融の移転が年内にも始まりそうだ。ユーロ圏はEU全域で営業できる「単一パスポート(免許)」を英国に欧州本社を置く金融機関に認めるかどうかの審査に入った。認可は全業務の移管が原則だが、一定の期間は一部の機能を英に残せる激変緩和策を検討。金融の混乱を避け、円滑な移転を促す。政府間の離脱交渉を先取りする形で、離脱後の金融の姿が浮かび上がってきた。

英国の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1413文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン