ビットコイン分裂騒動、店側も決済休止検討 普及に逆風

2017/7/21 1:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

仮想通貨ビットコインの分裂騒動が小売店や飲食店の決済にまで波及してきた。運営事業者の分裂の可能性が高まる8月1日が近づいてきて、各店は支払い手段として受け付けているビットコイン決済の一時休止を検討し始めた。消費への影響はほぼないが、ビットコインのさらなる普及には向かい風になる可能性がある。

中国料理店「聘珍楼」と家電量販店「ビックカメラ」は仮想通貨取引所ビットフライヤーと組み、ビットコインでの支…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]