フィリピンのSMインベストメンツ、インフラ参入に前向き

2017/7/20 23:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

フィリピン最大財閥のSMインベストメンツは、いずれも国内最大手の座にある小売りや銀行、不動産から、新たな分野に事業を拡大する。まずは大手物流会社に出資した。フレデリック・ディブンシオ社長は「既存事業に関連した案件なら、投資を検討する」と述べ、政府が推進するインフラ事業への参入にも前向きな姿勢をみせる。

――フィリピンのドゥテルテ政権が打ち出した大規模なインフラ整備計画をどうみていますか。

「イン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]