/

この記事は会員限定です

発効見えないTPP、対策予算は執行開始

[有料会員限定]

日欧EPAより先にまとまった環太平洋経済連携協定(TPP)は具体的な発効時期が見えていない。しかし、6575億円の対策費は執行段階に入った。中でもバラマキの懸念を拭えないのが、畜産農家の設備導入にかかる補助金だ。

TPPでは米国からの農畜産品の流入に対して、国内農家などの警戒感が強かった。しかし、米国はトランプ政権の発足に伴い、TPPからの離脱を表明。当面は米国の牛豚肉が日本市場を席巻する可能性は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り228文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン