/

R&I、大塚HDを「安定的」に 格付けの方向性

格付投資情報センター(R&I)は19日、大塚ホールディングスの格付けの方向性を「ネガティブ(弱含み)」から「安定的」に変更すると発表した。世界的な抗精神病薬の特許切れが収益に影響していたが、競争力のある新薬の成長が収益に寄与するとみている。発行体格付けは「ダブルAマイナス」を維持した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン