/

この記事は会員限定です

パナソニック AIで歩行者の特徴・行動分析、防犯に利用

[有料会員限定]

パナソニックは人工知能(AI)を使い、屋内でカメラに映った歩行者の特徴を把握して行動を予測する技術を開発した。つえを持っているかや、何人組で移動しているか、大人か子どもかといったリアルタイムの情報を取得する。駅や空港などの安全管理や防犯で活用できるほか、店内で客の動線を調べるマーケティングにも生かせる。

AI技術のひとつである深層学習(ディープラーニング)の技術を使った。年齢や性別、つえや車いすの有無など様々...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り410文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン