鳥取、「星取県」関連イベント続々 「暗さ」維持へ条例制定も

2017/7/19 7:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

星空の美しさをアピールする鳥取県の新たな観光振興策「星取県」を巡る取り組みが広がっている。鳥取市の天文台では9月、大阪からのバスツアーが始まり、星空観察会など各地で関連イベントが相次ぐ。県は星空の誘客効果を高めるため夜の「暗さ」を保つ条例制定を目指すが、議会には慎重論もある。平井伸治知事肝煎りの施策の行方に注目が集まる。

「すごい、本当に木星のシマシマが見える」。鳥取市の公開天文台「さじアストロ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]