/

この記事は会員限定です

JAXA、宇宙実験棟「きぼう」で新興国支援

[有料会員限定]

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟「きぼう」で新興国への支援を拡充する。アジアやアフリカの新興国が設計や製作に関わった超小型衛星の受け入れを増やし、2019年度初めには一度に宇宙空間へ送り出せる数を4倍にする。実験や衛星の活用を通じ、人材育成に協力する。

「きぼう」は宇宙空間に超小型衛星を放つ「発射基地」としての使い方が注目されている。無人輸送機で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り666文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン