/

この記事は会員限定です

さびつく所得税制、改革停滞の裏側

[有料会員限定]

7月上旬の財務省人事でとりわけ目を引いたのは次官への登竜門である組織の要、官房長の人選だった。大方の予想を覆して主税局ナンバー2の矢野康治審議官が抜てきされた。「矢野氏が秘書官として仕えた菅義偉官房長官を意識したのだろう」という省内の臆測も、混乱を経て着地した昨年末の税制改正を振り返れば説得力をもつ。

矢野氏は昨年、専業主婦世帯を優遇する所得税の配偶者控除を見直した担当審議官。夫が控除の優遇を受け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1216文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン