/

この記事は会員限定です

来春廃止の三江線、代替バス巡り調整 備北交通など3社候補

[有料会員限定]

2018年4月に廃止となるJR三江線(三次―江津)の代替バスを巡り、備北交通(広島県庄原市)など複数の民営バス会社が候補に挙がっていることがわかった。三江線の乗客の多くを占める高校生に配慮した時間帯の運行を軸に自治体と調整に入った。9月上旬に運行計画を最終決定する。費用負担や運賃設定など課題が山積する中で調整はヤマ場を迎える。

■高校生らの利用に配慮

三江線は江の川(江川)上流の三次駅と下流の江津...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1374文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン