/

訪問看護の計画策定支援 ファインデックス、新システム開発

医療システム開発のファインデックスは、患者の病状や薬の服薬状況などのデータに基づき、訪問看護の計画を策定できるサービスの提供を始めた。訪問看護を手がける事業者の計画策定を支援する。客観的なデータに基づく計画をもとに訪問看護をすることで、サービスの質を高める。

日本訪問看護財団(東京・渋谷)の評価手法をもとに看護計画を策定するシステムを開発した。患者の病歴や生活習慣など約230項目のデータをもとに最適な看護計画を策定する。

計画は診療結果をもとに3カ月に1回程度見直すことで計画の妥当性を客観的に判断できる。サービス利用の初期費用は5万円で、月額利用料は5000円から。

集めた訪問看護のデータをもとに人工知能(AI)を使って分析することで、より最適な看護計画を提案する。訪問看護のノウハウを蓄積し、異常を早期に発見したり、病気を予測したりすることを目指す。医療費の削減にもつなげる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません