/

この記事は会員限定です

欧米「排ガス不正」次々と、FCAなど止まらぬ波紋

[有料会員限定]

欧州に端を発したディーゼル車の不正疑惑の連鎖が止まらない。欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が排ガス規制を逃れるため違法ソフトウエアを搭載していたとの疑いは、提携相手のスズキにも飛び火した。疑惑が提携相手に波及する構図は、電動化や自動運転など次世代技術でも同じ落とし穴がありそうだ。

「ディーゼル不正問題が確実に繰り返されないよう自動車メーカーの不正に厳しく対処する」。米環境保...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り956文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン