/

この記事は会員限定です

トヨタ、水素供給網で地域連携加速 産業向け、愛知でも始動

[有料会員限定]

トヨタ自動車が工場などで使う水素の供給網整備に向け、全国の自治体との連携を加速している。12日には神奈川県で、燃料電池フォークリフトに、再生可能エネルギーでつくった水素を供給する実験を始めると発表。愛知県でも官民連携プロジェクトが動き始めた。自動車向け以外にも幅広い産業で水素の活用を促し、インフラ整備に弾みを付ける狙いだ。

「乗用車に加え、産業車両でも『水素化』を進めてインフラの普及に貢献していく」。12日に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り828文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン