/

この記事は会員限定です

自動運転・IoTに投資 損保ジャパンがファンド

[有料会員限定]

損害保険ジャパン日本興亜は、世界の有力ベンチャーに投資するファンドを新設した。出資総額は4千万ドル(約44億円)。自動運転やIoTなど最先端の技術を持つベンチャーに出資して技術情報を得ることで、自動運転に対応した保険商品やフィンテック関連の新商品の開発を加速する。

損保ジャパンは米ベンチャーファンド、トランスリンクキャピタル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り164文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン