自動運転・IoTに投資 損保ジャパンがファンド

2017/7/11 23:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

損害保険ジャパン日本興亜は、世界の有力ベンチャーに投資するファンドを新設した。出資総額は4千万ドル(約44億円)。自動運転やIoTなど最先端の技術を持つベンチャーに出資して技術情報を得ることで、自動運転に対応した保険商品やフィンテック関連の新商品の開発を加速する。

損保ジャパンは米ベンチャーファンド、トランスリンクキャピ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]