幻の解任動議 タカタ破綻
ルポ迫真

2017/7/11 6:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

6月26日早朝。東京・天王洲のタカタ本社から車で10分ほど離れた海沿いのビルの一室に10人のタカタ役員が秘密裏に集まった。午前7時、民事再生法の適用申請を決める取締役会が始まった。

冒頭、経営再建策づくりを担った外部専門家委員会の委員長で弁護士の須藤英章(72)が日米同時の法的整理申請が妥当とする報告書を説明し、退席した。「一人ずつ意見を言ってほしい」。取締役と監査役が残された部屋を見回し、会長…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]