/

この記事は会員限定です

発電プラントの異常予知 グルーヴノーツが機械学習ソフト

[有料会員限定]

ソフト開発のグルーヴノーツ(福岡市、最首英裕社長)は機械学習の機能を使った火力発電プラントの異常予知に成功した。同社のソフトを使えばプログラミングの知識がなくても簡単に機械学習のシステムを運用できる。このソフトを電力大手に販売する。

Jパワーが運用する最新鋭の火力発電プラントで実証した。プラントの過去の運転データについてグルーヴノーツのソフト「マゼランブロックス」を使って機械学習させた結果、機器の異常や停...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り274文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン