アイヌの里、世界から誘客 阿寒湖の魅力深める

2017/7/9 20:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道東部の阿寒湖温泉(釧路市)が新しい観光モデルづくりを始める。鍵を握るのが先住民のアイヌ民族文化と手つかずの自然。従来の民芸品販売などとは違う文化イベントや、マリモの育成など阿寒湖にしかない資源を前面に打ち出し、他とはひと味違う観光地を目指す。国も「観光立国ショーケース」など異例の4事業に採択して集客を後押ししている。

6月17日。阿寒湖アイヌシアター「イコロ」で「第1回イランカラプテ音楽祭…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]