/

この記事は会員限定です

仙台市長選9日告示 人口減や教育問題争点に

[有料会員限定]

奥山恵美子市長の任期満了に伴う仙台市長選が9日告示される。元衆議院議員の大久保三代氏(40)、冠婚葬祭業社長の菅原裕典氏(57)、元衆院議員の林宙紀氏(39)、衆院議員の郡和子氏(60)の新人4人がいずれも無所属で立候補する見通し。東日本大震災からの復興に一定のめどが立ったとされる仙台で、人口減や教育、経済活性化など幅広い課題に応える街づくりが求められる。

現職の奥山市長はこれまでの記者会見で、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り589文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン