仙台市長選9日告示 人口減や教育問題争点に

2017/7/8 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

奥山恵美子市長の任期満了に伴う仙台市長選が9日告示される。元衆議院議員の大久保三代氏(40)、冠婚葬祭業社長の菅原裕典氏(57)、元衆院議員の林宙紀氏(39)、衆院議員の郡和子氏(60)の新人4人がいずれも無所属で立候補する見通し。東日本大震災からの復興に一定のめどが立ったとされる仙台で、人口減や教育、経済活性化など幅広い課題に応える街づくりが求められる。

現職の奥山市長はこれまでの記者会見で、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]