2018年9月19日(水)

合板対日出荷、マレーシア最大手が3割減 9月から

2017/7/6 22:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 マレーシア最大の合板企業、シンヤングループはコンクリート型枠に使う南洋材合板の対日出荷量を、9月から現在に比べて3割減らすと日本の商社に伝えた。産地の伐採増税による原木不足などを理由にしている。対日価格は6月以降上昇基調を強めている。供給減による値上がりは日本国内の建設コストを押し上げそうだ。

 シンヤングループは本社をマレーシア最大の産地であるサラワク州に置く。9月積み以降の対日出荷量は3万立方…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報