/

この記事は会員限定です

中部の景気や働き方改革、活発に議論 名古屋で本社景気討論会

[有料会員限定]

日本経済新聞社と日本経済研究センターが6日名古屋市内で開いた景気討論会では、ブラザー工業の小池利和社長ら4人のパネリストが、国内外や中部地方の景気見通しについて活発な議論を交わした。働き方改革などの中長期的な政策課題にも言及し、来場した約330人は熱心に耳を傾けた。パネリストの発言要旨は以下の通り。

「為替安定、収益押し上げ」 小池利和・ブラザー工業社長

中部地方には多くの輸出企業が集積しており、為替が円安傾向...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1533文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン