/

この記事は会員限定です

東レ、4~6月の営業益7%減 航空機向け炭素繊維の減産響く

[有料会員限定]

東レの2017年4~6月期の連結営業利益は、前年同期比7%減の380億円前後となったもようだ。低燃費の航空機の機体などに使う炭素繊維複合材料の減産が続き、利益を圧迫した。自動車向け高機能樹脂などの引き合いは好調だが、落ち込みを補えない。ここ数年、成長のけん引役だった炭素繊維の事業環境に不透明感が漂っている。

炭素繊維に樹脂を染み込ませた「プリプレグ」と呼ぶ東レの製品は、米ボーイングの航空機「B777」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り669文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン