/

この記事は会員限定です

富士フイルム、記録容量66倍の磁気テープ向け新材料

[有料会員限定]

富士フイルムは記録容量を従来の約66倍に高められる磁気テープ向け材料を開発した。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の普及で、企業や研究機関が保管するデータは増加傾向にある。大容量データを比較的安価に保管できる磁気テープの需要も増しており、新素材の開発で需要開拓につなげる。

「ストロンチウムフェライト磁性体」と呼ばれる記録材料を開発し、関連する特許も出願した。ストロンチウムフェライト磁性体は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り254文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン