2017年12月16日(土)

テンセントを真っ向批判 人民日報、ゲーム自殺騒動で

2017/7/5 0:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 【広州=中村裕】中国ネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)の株価が4日急落した。香港市場での下げ幅は一時、5%を超えた。中国共産党機関紙の人民日報が4日付の記事で、同社が提供するスマートフォン向けの人気ゲームが、若者をゲーム中毒に陥れ「社会に悪影響をもたらしている」と痛烈に批判したことがきっかけとなった。中国を代表するネット企業を党機関紙が真っ向から批判するのは異例だ。

 批判対象となったゲー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

騰訊控股人民日報



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報