コンブやカツオ、不漁で2~4割高 メーカー値上げの動き

2017/7/4 22:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コンブやかつお節といった和食のだしに欠かせない素材が値上がりしている。コンブは主産地、北海道の2016年度の生産量が過去最低を記録。カツオも不漁が続いている。卸価格は前年同期と比べ2~4割上昇しており、だしメーカーに値上げの動きが広がってきた。

全国のコンブ生産の9割以上を占める北海道の16年度の生産量は前年度比13%減の1万4559トン。海水温の上昇や漁期に台風が相次ぎ過去最低に落ち込んだ。3…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]