/

大阪港にヒアリの巣、女王アリも? 国内繁殖の恐れ

環境省は4日、先月30日に大阪港で見つかったアリを南米原産の強毒アリ「ヒアリ」と確認したと発表した。国内でヒアリが発見されたのは神戸港などに続いて4例目。女王アリとみられる羽の生えた個体のほか、巣も確認したという。同省はヒアリが国内で繁殖した恐れもあるとみて、国土交通省と連携し、全国の7港でヒアリの生息確認などを進めている。

女王アリの可能性がある個体(環境省提供)

環境省によると、6月23日に香港から大阪港に届いたコンテナの外壁に2匹のアリを発見。専門家の調査により、同29日にヒアリに似た毒を持つ「アカカミアリ」だったと確認した。

このため同省が同30日に大阪港の緊急調査を実施したところ、アカカミアリやヒアリの可能性のある数十匹のアリを発見。約10匹を回収し、残りは駆除するための遅効性の殺虫剤を使用したという。

3日に回収したアリがヒアリであることを確認。また殺虫剤を使用した場所を訪れて地面を掘ったところ、約50匹の死んだアリを発見、その中に女王アリとみられる個体もあったという。同省は巣を作っていたとみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン