2019年1月18日(金)

テントで太陽光発電 福井県3社と京都のベンチャーが開発

2017/7/4 6:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

織物製造の松文産業(福井県勝山市)など福井県内の3社は太陽電池ベンチャーのスフェラーパワー(京都市)と組み、太陽光発電の働きを持つテントを開発した。直径1.2ミリの球状の太陽電池を並べた特殊な糸でできた布を組み込んだ。夜間や非常時の電源に利用できる。自治体の防災を中心に販路を開拓する。

同社の工場がある北海道上砂川町の依頼を受け、第1号製品を納入した。縦3.5メートル、横5.3メートルのテントの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報