/

この記事は会員限定です

電子議決権の行使可能に ウィルズがサービス

[有料会員限定]

企業の投資家向け広報(IR)情報を提供するウィルズ(東京・港)は9月から電子議決権サービスを始める。仮想通貨の基幹技術であるブロックチェーンを活用し、安全性の高いシステムを構築。招集通知の郵送など管理費用削減につながり、需要が見込めると判断した。

日本マイクロソフト、テックビューロ(大阪市)と共同開発した。株主は企業が用意した専用サイトで議決権を行使する。サイトはIDで厳格管理されており、他人が投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り227文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン