2019年6月16日(日)

「19歳選挙権」こそ重要だ 若者遠ざける住民票の壁

2017/7/2 15:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

18歳選挙権が実現して1年になる。だが、若者の政治参加が定着したとは、まだまだ言い難い。重要なのは、若者を投票所から遠ざけている障壁をなくすことだ。現状のままで、選挙で棄権をする若者を責めるのは酷である。

初の18歳選挙だった昨年の参院選の18~19歳の投票率は46.78%だった。有権者全体の平均(54.70%)には届かなかったが、20~24歳(33.21%)に比べれば立派な数字だ。

ただ、18…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報