2019年4月19日(金)

バンコク伊勢丹で七夕体験イベント

2017/7/1 0:12
保存
共有
印刷
その他

■バンコク伊勢丹 親日タイ人を招き、七夕フェアの体験イベントを開いた。浴衣を着ての記念撮影や限定デザートの試食を用意。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で発信してもらい、来館を促す。

企業のマーケティング支援のアジャイルメディア・ネットワーク(東京・港)とインバウンド支援の石田大成社のタイ法人が運営する親日タイ人組織「ラブ・ジャパン・アンバサダー(LJA)」と協力。約100人の応募者の中からSNSで影響力が高い15人を招待し、12日まで開催する七夕フェアを体験してもらった。

石田大成社タイランドによると企業と協力したLJAのイベント開催は初めて。タイでは現在、約600人がアンバサダーとして登録。同社は「タイでは検索の用途でフェイスブックを使う人が多く、日本より口コミの重要性が高い。タレントなどのインフルエンサーを使うより、一般の人が自分の言葉で体験を語ってくれた方が伝わりやすい」と語る。今後はタイ以外の東南アジア諸国にも同様の組織を広げる考えだ。

バンコク伊勢丹で浴衣を試着した公務員のジャルワンさん(28)は「日本のテレビドラマがきっかけで日本好きになり、アンバサダーに申し込んだ。正式な浴衣を着たのは初めて。こんなに美しいとは思わなかった」と笑顔をみせた。

(バンコク=岸本まりみ)

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報