大家の負担 AIで軽減 オネックスグループ

2017/6/29 7:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

不動産管理・仲介のホットハウス(札幌市)を傘下に置くオネックスグループ(同)は、人工知能(AI)を活用して不動産オーナーや入居者の利便性を高めるサービスを相次ぎ打ち出す。入居者からの問い合わせへの自動応答や手書きの入居申込書のデータベース化、希望に近い部屋が空いた場合の即時連絡などのシステムを自前で開発する。IT(情報技術)分野から参入した強みを生かし、顧客獲得につなげる。

入居者からの「カギを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]