/

この記事は会員限定です

水ing、浄水場の配水量をAIで予測 運転コスト1割減

[有料会員限定]

三菱商事と荏原、日揮が出資する水処理大手、水ing(東京・港)は人工知能(AI)で浄水場の配水量を予測するシステムの開発に乗り出す。天候と水の需要量の相関関係を分析し、水を余分に浄化することを防ぐ。2018年度の導入を目指す。浄水場の運転コストを今より1割減らせるとみている。

子会社の水みらい広島が維持管理する白ケ瀬浄水場(広島市)を使って、広島県と共同で開発を始める。AIの機械学習機能を使って、この浄水場の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り203文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン